野菜ソムリエ 藤田が行く!

「福島の人とつながりが出来たら福島で話を聞きたいと思っていて」
そうおっしゃったのは、糸井重里さん。
対談を快諾して頂いただけではなく、わざわざ福島県に足を運んでくださいました。
糸井さんは主宰している「ほぼ日刊イトイ新聞」(http://www.1101.com/home.html)などの情報発信等を通して、
東日本大震災の被災地のために様々な支援をしてくださっています。

 

いよいよ−その3−、最終回です。
その1  いきなりカルチャーショック!?(2012年7月13日公開)
その2  福島がほかの被災地と違うこと (2012年7月17日公開)
その3  でもユーモアがないとね    (2012年7月18日公開)

 

風評に向かい合う

福島県の農林水産業や観光業がさらされている問題、「風評」についても話が及びました。

本当のことを言って、本当の活動をしている人を見えるようにしていくことが一番丁寧な仕事になるかな、と糸井さん。
本当のことを言っている人のことがきちんと伝わるように、と繰り返されました。

そして、検査の不備や不正があるのではないかといったことを言われるときりがないけれども、
そういう無理な話をするときには陰謀といったようなことを入れないと成立しない。
そういった声を払しょくするには、真正面のことをするしかない。

対立するということはコストがかかる、そのコストで違うことが出来る、負けたって言われたって痛くもかゆくもないことばかりなので、その間に自分のやりたいことをやればいい。

私はうなずくことしきり。

色んな声があるけれども、ただひたすら誠実に行動し、例え福島県にとって不利益なことであっても公開していく、
そういった姿勢が、多くの方々の信頼を得ていくということを、改めて胸に刻みました。

 

でもユーモアがないとね

その上で糸井さんは、周りの方々を惹きつけるにはそれだけでは足りないよと気づかせてくれるのです。

ユーモアがないと、つらくなりますよね。
面白いことをやると不真面目だ、葬式で冗談を言えないような。
泣いたり叫んだり争ったりというイメージになってしまうと、面白いことを混ぜていきにくくなる。
福島の人に笑わせてもらったら、周りの人も安心してできる。

ああ、なるほど!と私が思っている所に、ある例を出してくださいました。

途中で入りやすかったのはフラガール。
スパリゾートハワイアンズが再開したから、フラガールを一緒に見に行きませんか?と
陸前高田の人に言ったら「行く行く!」と。
あれは愉快だった。
フラガールがあったから福島に来る理由ができた。お楽しみがあるから行きやすくなる。

ユーモア・楽しみ、どうしても「お堅い」対策になりがちな中、このヒントは大きいのではないでしょうか。
つながりが感じられること・ヒントはたくさんある。風評は理屈とかロジックで解決できないこともある、と糸井さん。
そしてひとこと、

「風ですから風評って、風向き変えるってことしかないんでしょうね」

糸井さんの真骨頂をこの言葉に見た気がします。

 

本質を見失ってはいけない

本質を見失ってはいけない、そうおっしゃる糸井さん。
安全だけどすごくまずい野菜は食わない、ひからびているとか、良く調べているうちに古くなっちゃうとか。
人が選ぶのは「おいしい」なんですよ。そういうものは高くとも買う。

まさにそこなんです!と叫びたい気分でした。
しっかり検査をして、全てをさらけ出して、そしてユーモアあふれる楽しい催しをしたって、
肝心の農水産物が「まずい」のでは何の意味もないのです。
震災以前ずっと行って来た品質の向上の取り組みを、いまこそ本気になって行う必要があるのです。

 

誰かが先陣を切って

良い動きが出てきている。そして手伝いますよという人がすっと出てくる、と糸井さん。
見つけられない人がヒントを見つけやすくなるといいのだけれど、とも。

誰かが先陣を切って行動し軌道に乗りつつあるモデルケースがあって、それを見て周りの人が動き出すといった動き、
どこの被災地でもみんなそういう形だと糸井さんは教えてくれました。

みんなの意見揃えるまで待っていてから動き出すということではなく、あるパイオニアが道を切り開くということ、
それが被災地の復興の大きなカギになっていると、私の経験からもそう感じました。

 

対談を終えて

糸井さんのお話は、ひとつひとつの言葉がすっと胸に入っていき、多くの気づきをあたえてくれました。
糸井さんのような被災地に対する深い理解を持った方が応援してくだされば、被災地の復興は間違いなく早まると確信し、
またお話をさせていただきたいと強く思う、そういう対談となりました。

 

対談の様子は「ほぼ日刊イトイ新聞」(http://www.1101.com/home.html)でもご覧いただけます。


↑