浜中会津 産地のふくしまプライド。

fukuyume_main

中通り

里山のワイナリー「ふくしま農家の夢ワイン」(二本松市)

2016年6月6日

里山のワイナリー「ふくしま農家の夢ワイン」さんを訪ねました。
丘の上にあって見晴らしが良く、伺った日は天気も良かったので、吹き抜ける爽やかな風が肌に心地良く感じました。
 
代表の斉藤誠治さんにお話を伺いました。
2011年、地域の特産品を作りたいと考え、「どぶろく」を検討されていたそうです。しかし、耕作放棄地の問題と嫁不足が深刻化する東和地区であったため、若い女性にも目を向けてもらうためにワインに注目し、ブドウの苗を購入しました。
そして、2011年11月、20戸の農家で「東和果実酒研究会」を結成。
2012年9月、農家8人で会社を設立し、醸造免許を取得。
やるからには栽培からワインが完成するまで自分達の手で手掛け、無農薬のブドウでおいしいワインを作りたいと考えているそうです。

fukuyume_01
fukuyume_02
fukuyume_03
fukuyume_04

二本松市東和地区は以前、養蚕業が盛んでした。
こちらのワイナリーは蚕を育てる稚蚕場(ちさんじょう)だった建物を果実酒研究会のメンバーや有志で改修して完成させました。
建物には蚕の餌になる桑の葉を保管していた地下室があり、この地下室が温度と湿度が安定していてワインの貯蔵にピッタリなのだそうです。
斉藤さんは以前、農家の他に内装業をされていた経験もあり、改修は驚くことに自分でされたそうです。

fukuyume_05
fukuyume_06
fukuyume_07

ワイナリー完成後の2013年5月には、東和地区特産品の「羽山りんご」でりんごのシードルの醸造を開始、7月には製品化されました。
素材の味を生かすため、過度のろ過をせず、無香料、無着色で醸造しています。
震災後売れなくなったりんごを廃棄せざるを得なかったという悔しい思いを経験した農家さんたちは、地域のためにおいしいりんごを作り続けています。
その思いが詰まったシードルは甘さが控えめで、渋味と酸味のバランスが良く、大変な好評を得て、販売予想を大きく上回ったそうです。
 
2013年秋には震災直後に植えたワイン用ブドウ「ヤマ・ソービニオン」の収穫も始まりました。残念ながら生産量が少なく販売には至りませんでしたが、現在は生産量も安定し、各地区毎に生産されたブドウを使った地区の名前が付いたワインなどもあり、同じ品種でも全く違った味わいのワインが楽しめるそうです。
ワインの瓶詰めからラベルのデザイン、ラベル貼りも自分達でしています。そのデザインは思わず手に取りたくなるほどセンス良く素敵です。

「これからは畑ごとに個性が楽しめるワインも作ってみたいです。みんなで飲み比べたら面白そうでしょ?」と嬉しそうにおっしゃっていました。
ワイン造りの苦労は何ですか?と伺うと、
孫の顔写真の入ったラベルが貼られた、斉藤さんにとってとても大切なワインの瓶を見せてくださいました。
「いろんな苦労はあるけど、これをグラスに注いで飲んだら、今までの苦労も何もかも吹き飛びますよ…」と優しい笑顔で語られた斉藤さん。

fukuyume_08

ブドウ畑を前にお話くださる齊藤さん

最後にワイン造りの秘訣を教えていただくと、
「ブドウに限ったことではありませんが、天候や環境で出来が変わってしまう農産物は、
『足音で育つ。』
と昔から教えられました。とにかく足を運んでよく見てあげて、変化に気付いてあげる事が大切です。」とのこと。
斉藤さんがとても大切にブドウを作っていることが感じられる言葉でした。

fukuyume_09
シードル
各1296円(税込)・500ml
fukuyume_10
左:Buvette de Kohata(木幡地区の畑で栽培されたブドウで作られたワイン)
1944円(税込)・720ml
右:JaUNes(リンゴのワイン)
1500円(税込)・720ml
fukuyume_11

(スタッフの田口知江さん)

商品は、電話注文による宅配や夢ワインでの直接販売、県内の一部スーパーマーケットで販売されています。
夢と思いをこめたワインを是非ご賞味ください。

今回お伺いした場所

ふくしま農家の夢ワイン株式会社

【住所】〒964-0203 福島県二本松市木幡字白石181-1
【TEL】0243-24-8170
【FAX】0243-24-8172
【営業時間】月-土 8:30~17:30
【E-MAIL】fukuyume@ivy.ocn.ne.jp
【Facebook】https://www.facebook.com/fukuyumewine/

ウニッコ情報員 【中通り担当】

中通り

  • 里山のワイナリー「ふくしま農家の夢ワイン」(二本松市)
  • 2016年6月6日 月曜日
  • ウニッコ情報員 【中通り担当】
  • 娘2人の母です。福島市在住です。

↑