対話集会

banner_fukukoi_02rev

 
 

福島県と世界のお茶専門店ルピシアとのコラボレーションにより、
オリジナルフレーバードティー「福恋」が誕生しました!

きっかけはティー・パーティ〜福島県×ルピシア〜
無名の紅茶から、福島を感じる紅茶へ
誕生!「福恋」

 
 

きっかけはティー・パーティ〜福島県×ルピシア

桃や夏野菜の旬を迎えた平成25年8月、福島県はレストランルピシア自由が丘本店(東京都目黒区)で、
「おいしいふくしまのティー・パーティ」を開催しました。
当日は福島の旬の農産物を使用したオリジナルメニューをお楽しみいただくとともに、
県産農産物の現状や安全・安心の取組み、農産物の魅力などをご紹介しました。

party1 party2 party3

参加した皆さんにお召し上がりいただいたお食事に合わせて提供した紅茶の一つは、
この日のために作られた「オリジナルフレーバードティー」。
桃、梨、りんご、ぶどうなど福島県特産のフルーツの香りを紅茶にブレンド。
盛りだくさんの果実を思わせる香りに仕上げました。
白桃をイメージした桃色の花とりんごの果実をトッピングしています。
 
イベントの詳しいレポートはこちら→ おいしいふくしまのティー・パーティ〜自由が丘・ルピシア〜
 
  
 

無名の紅茶から、福島を感じる紅茶へ

このイベントだけで終わらせたくない。
このフレーバードティをよりたくさんの方々に知っていただきたいと、
無名のフレーバードティーに、名前をつけることになりました。
10月末日、福島県にゆかりのある方々が集まり「ネーミング会議」を開催。
会場は、東京都世田谷区にある「ふくしまオルガン堂 下北沢」です。
福島県産の食材を購入したり、福島の情報交換ができるカフェです。

オリジナルフレーバードティを飲みながら皆でアイディアや意見を出し合いました。
「この紅茶を飲んで、福島にはおいしい果物があるってことを知ってもらうきっかけになるといいな。」
「福島っていいな、行ってみたいって思ってもらいたい。」
「飲んだときに、”ふふふっ”て気分になる(笑)。」
「ほっとするような癒されるイメージが福島にはある」など、
それぞれの想いや願いがこもった名前の案が生まれていきます。

name4 name1 name5

窓ガラスいっぱい貼られた候補を眺めながら、最後に改めて全員で話し合い。
「福島に恋してほしい」という想いが込められた「福恋(ふくこい)」が選ばれました。

name2 name3

 
 

誕生!「福恋」

ついに完成したオリジナルフレーバードティー「福恋」

福恋

8月6日に開催された「おいしいふくしまのティー・パーティ〜福島県×ルピシア」に参加していただいた50名と
プレゼントキャンペーンにご応募いただいた100名の方々にお届けします。
是非味の感想や、手にした感想をfacebookを通じてお聞かせください。

facebookのページはこちら

より多くの方々にこの「福恋」をお召し上がりいただけるよう、
これからも沢山の企画を考えてまいりますので、ぜひ飲んでみたい!という皆さま、
もう少しお待ちくださいね。

↑